在宅ネットワークビジネス成功の仕組み、子育てママの賢い稼ぎ方

イラスト

子どもはカワイイ♪
でも・・・、子どもの成長にはお金がかかる・・・。
外へ働きに出たいのだけど・・・。
子育てに追われるなかで、ストレス抱えていませんか?

笑顔で子育てしたい
子どものそばにいてあげたい
将来の教育費を貯蓄したい
家事と仕事を両立したい
働きたい、でも預けるのに抵抗がある


自宅で稼ぎながら笑顔で子育てしたい、ママの悩みを解消することができる方法が、ありました!
まとまった時間をとれない子育てママが、思いどおりの暮らしを実現する方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネスで成功するためのポイントとは?

ネットワークビジネスで成功するためには、絶対に避けて通れない道があります。

skydive-101771_1280.jpg

それは、「今の自分を捨てる」ということ。


ぶっちゃけ、今の状態がいやだ!抜け出したい!!!
と、思いながらも、抜け出せない人がとっても多いです。


それはなぜなのでしょうか?


答えはカンタン。

今の自分を捨てることができないからです。


人は、口では「現状から抜け出したい!」と言っても、
行動は、今のままを維持しようとする人がとっても多いんだな~というのが
ネットワークビジネスの活動を通して感じた感想です。


そう、一番変えなければならないのは自分なのに、
自分を変えられない人が、ものすごく多いのです。


そしてどうなるか?



ありえないと思うかもしれませんが、
アップラインに反論、反発してきます。
そしてグチ、不平、不満をぶちまけてくる、という人が多いです。



「人生変えたいんんだよね?」
そうじゃなかったの???


と、言いたくなりますが、ぐっとこらえて、
次へと進んでいくのみです。



ネットワークビジネスというのは、
そもそも今までのやり方では失敗します。


だからセミナーが用意されていて、
自分が変わることのできるチャンスがあるわけです。


ですが、今のままの自分で成功しようとする。
無意識のチカラは強烈です。(爆)



今のままの自分が、過去から続いていて、
過去にそうだったから、
今の自分があると認識してほしいのですが、
すぐに戻ってしまいます(;・∀・)



なので成功に一番大切なポイントというのは、

素直さ。

だと私は思います。



素直さがないと、アップラインの言うことに対して、
アドバイスに対して、いちいち反論、反発してくるのです。


つまり、今までの自分を維持しようと
潜在意識が働いてしまうようなのですよね。。。



これでは成功できるはずがありません。


ですが成功できると思うのでしょうね。。。


この議論については、いつもいつも
平行線をたどるのですが、
成功者になれば、わかることがいっぱいあります。



そうなると、反論ばっかする人をなんとかしようとするよりも、
成功者の姿を目指して頑張っている人を
応援したほうがいい、ということになりますね。


本音は全員に成功してもらいたいのですが、
時間が有限のため、成功しそう、という人に
時間を使うのは当然で、
毎日、毎月、グループの流れが変わることが、
とても充実しています^^



スポンサーサイト

在宅ネットワークビジネスで主婦の強みを活かすために

主婦がワクワクしながら収入を得る方法

こんにちは~♪


ここ数年、インターネット、特にSNSを使ったビジネス
多きな変化がでてきているな~と感じています。

SNSSNS



というのも一人1台、スマホを持つ時代になりました。


学生でも、おそらく半数以上が個人所有しているのではないでしょうか?


そんななか、ブログなどが主流だった10年前に比べると、

今ではLINE、Facebook、インスタグラム、、、

などのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が無料で手軽に
使えるということもあり、なくてはならない通信手段になってきています。


そのおかげで相互交流が可能になり、
SNSがあるおかげで相手に対しての親近感も感じられるようになり、
距離感を感じさせないようになってきました。



そうなると、誰かと連絡を取っている手段が収入源にしていくこともできます。
ここ数年、スマホ副業なんていう言葉があるぐらい、
ポチポチスマホをクリックするだけで、なんちゃら~
という誘い文句もあるぐらいですw


SNSという手段が、人間の「誰かに口コミしたい!教えたい!」という本能!?
を、くすぶるのかもしれません(笑)


今はビットコイン、投資などの情報がホントよく流れてきますが、
個人的にはあまりオススメできません。
なぜかというと、本当に稼げることができるか?となると、
投資というのは、リスクがあるのが普通です。


「必ず勝てる投資」というのはありません。


あったら、投資を提供している会社はとっくにつぶれてしまっています...(汗)


会社は利益があってはじめて成り立つものですから、
会社の利益なしに、顧客の利益などないのです。


では他に何があるの???


とすれば在宅でするならば、ちょっとした委託業のような
例えば、クラウドワークスなんか有名ですね。
仕事を探している人と、仕事をお願いしたい人のマッチングサイトが
個人レベルでできるのでシェアが広がっています。
クラウドワークスの場合、内職感覚で、おこずかいを稼ぐことができます。

ただ、委託業の場合、仕事をやめると収入が入ることはありません(当たり前ですね)


ですが、仕事をやめても収入になるビジネスがあります。
それがネットワークビジネスという収入形態です。


ネットワークビジネスは、自分が選択した会社に登録し、
特定負担を理解します。
特定負担というのは、カンタンに言うと、
「製品を使う」ってことです。


自分が選んだ会社なのですから、
製品を使うのは当然で、ビジネスモデルを理解すれば、
それはたやすく理解できるようになります。


ですが、問題はその次です。


製品を使ってみてどうだったか?


一番のキモは、ここ(←製品!)だと思うんです。


ビジネスをやめても使い続けたいと思えるような製品かどうか?


で、もしもビジネスをやめても使い続けたいと思えるような製品だったら?


そう、自然に主婦としては誰かに言いたくなっちゃうんですよね(笑)


そして、もし収入としてやっていきたいと思うなら、
主催企業の会社説明、報酬プラン、会社の理念、製品などの
話は、いちどは真剣に聞く時間を持つといいかと思います。


じっくり聞いてから判断すればいいと思います。
ネットワークビジネスってやるかやらないか、自由に選ぶことができるし、
製品が気に入って、説明をじっくりと聞いたなら、
主婦の強みが活かせるホームベースになり得る可能性があると
私は感じています。


主婦がこっそりヘソクリを貯める秘密

専業主婦が仕事探しをするときに出す条件とは

専業主婦も、働かないといけない。働きたい。
もっと生活にゆとりが欲しい、、、。

手っ取り早いのは求人情報で仕事を探すことですね。

ですが専業主婦が仕事探しをするときというのは、
いろいろな条件が出てきます。

専業主婦側の条件としては、だんなが帰ってくるまえに、
帰宅して、夕飯を作れる時間帯に帰れることだったり、

子どもの習いごとの送迎に支障のない勤務時間だったり、

目いっぱい働くにしても扶養の範囲内で働けるように収入を
調節することだったり、働きたくても時間を調節したり、
逆に働きたくても、思うような時間に働けなかったりして
収入がわずかだったり、さまざまですよね。


専業主婦が仕事探しをする条件としては、
融通がきくかどうか?が一番に上がるのでは?と思います。

というのも、
・家事や家のこと
・子どものこと
・親の介護のこと
などが優先順位が上だと、
家族を犠牲にしてまで働くのは、、、って
なりますよね。


もちろん、朝から晩まで思う存分働ける人は
いいのですが、その場合、収入の上限が
扶養枠を超えるかどうかを調節する必要があります。


専業主婦が仕事を探すというのは、
家族の生活リズムに合わせるケースが多いため、
なかなか難しいものです。


ですが、どのみち働いても、時間給だと
たかが知れています。

あと、もう少し収入があれば、、、。


そんなときに、検討したいのが、
『権利収入』という収入のカタチです。


権利収入は、労働収入とは収入の入り方が
違うため、すぐには大きな収入にはなりません。


ですが、コツコツ続けていくうちに、
労働収入の限界を超えた収入が
入りだすというミラクルが起こります。


それが専業主婦にとって、やることは
難しくないので、ちょうどいいのではないかと
思います。



専業主婦が仕事探しをするときの条件は、
長く働ける環境がよかったり、単発のアルバイトが
よかったりするかもしれませんが、
働けないときでも収入が入るタイプの
収入源を持つことも、労働できないときなどにも
助かるため、ひとつはかじっておくといいんじゃないかと
思います。


私は、権利収入を構築することによって、
自分が働いていない時でも収入が入るので
さっさと始めてよかったな~と思います。

honda2

在宅型ネットワークビジネスのいいところ

在宅型ネットワークビジネスにはたくさんのメリットがあります。

そのうちのひとつが、誰にでもできるようにサポートが
しっかりしているところ。

グループのカラーにもよるのかもしれませんが、
私の所属していたグループは、人間味あふれるグループで、
リアルの知人友人よりも、深い絆で親睦が深まりました。


いつでも気さくに話ができる、素晴らしい人たちです。
ホントにこの会社、このグループでよかった!
というのが私の感想です。


ネットワークビジネスの原点を、ここで
しっかりと作ることができました。


素晴らしい仲間と出会い、
ネットワークビジネスの誤解、偏見もなくなりました♪


この会社でのネットワークビジネスを、
現在は活動休止させていただいております。


今は別の事業をしています。
そのため、興味がある方には、
私がいつもお世話になっている、
サロン経営のセラピストの方に託しています。


姉御肌で芯のしっかりしていて、中立的で冷静(笑)
でもおもしろいところもあって、お酒を夜な夜な飲み明かしたら
めっちゃ楽しい方です。

もし、こちらのビジネスにご興味のある方は、
下記の画像をクリックしてください。資料請求ページに飛びます。
   ↓   ↓   ↓

honda3



ビジネスの資料請求はコチラ>>




在宅MLMで副業することのメリットデメリット

在宅MLMができるネットワークビジネスが増えてきました。

011_convert_20131017174936.jpg


完全在宅!

スマホ(パソコン)で完結!

人に会わなくてもできる!

スキマ時間でできます!!!

自動集客システム!



いろんなMLMに誘われました。

MLMかと思いきや、MLAというのもあるんですね~



これらのことを踏まえて見てきたリアルな感想を
今から書いていきたいと思います。



在宅MLMのメリット

完全在宅!

在宅MLMの場合、セミナーを動画で観たり、
ウエビナーといって、インターネット中継で見ることができます。

インターネットを活用して、
スカイプやzoomなど、グループミーティングも、
お互いの都合を合わせて、どこにいてもつながることができるので便利ですね。



スマホ(パソコン)で完結!

インターネットというからには、通信できる媒体を
持っていることが必須です。
パソコンを持っていなければビジネスにはなりません。
なので仕事道具として揃えるといいですね。

やり方については、アップラインや仲間からの
サポートがあるなら大丈夫かと思います。

それからメール、LINE、チャットワークなどを
使えば、お互いの都合のいい時間にやりとりも
できますね。



人に会わなくてもできる!

インターネットなので、人に会わなくてもできます。
サポートの手厚いグループであればあるほど、という条件は必須です。
サポートの薄いところ、人間関係の希薄なところに
入ってしまうと、ほっとかれてしまうこともあるので注意が必要です。
もともとスキルのある人であれば、どんなところにいても、
人に会わなくても成功できるかもしれませんが( ̄∇ ̄;


スキマ時間でできる!

インターネットのいいところは、人に会わないところです。
なので10分のスキマ時間でやれることをやっていくなど、
ちょこまかと活動を進めていくことが可能です。
何をすればいいのか?
どのようにすればいいのか?
そういったことを頭に入れて、アップと報連相しながら
進めていくことができれば、時間の活用と
時間の管理は有効になるでしょう。



24時間活動できる!

インターネットは、いつでもどこでも
通信環境さえあれば、ネットにつながれば
活動できてしまいます。

ブログの記事を更新したり、やりとりを
したりするのも、24時間活動できる在宅MLMならでは。

本業が2勤務制とか、夜中しか時間が取れない
子育てママなど、自分の自由になる時間に活動できるのは
魅力的ですね。



自動集客システム!

これも会社やグループにもよりますので、
必ずとは言えませんが、在宅MLMならではの特典としては
ありがたいシステムだと思います。

ランディングページ作成

メルマガ登録

ステップメールで教育

興味、関心を持ってもらう。

登録、スタート。


この流れを最初から作ろうとしたら大変!!!

まったくわからないところから始めたら、
何年もかかってしまいます。


それらの集客システムが用意されて
いるところであれば、あとは集客媒体を
作っていくことに集中できますね。


在宅MLMをするなら、
自動集客システムおよび十分なサポート体制が
あるところを選ぶとよいでしょう。



在宅MLMのデメリット

在宅MLMは、いいところしかないと
思われがちですが、デメリットもあります。


スキルについて

スキルというのは、まずはパソコンスキルです。
パソコンの基礎から文字入力までができることや、
わからない言葉が出てきても、理解しようとしないと
いつまでも理解できません。

やってみないといつまでもできません。
自分の集客を誰かがやってくれるわけではありません。
自分で自分の集客ができるようになるフォローが
あるのであれば、あきらめずに取り組む姿勢が大切です。


そして、在宅MLMはビジネスであり、参加した日から
自分も個人事業主です。

一通りのフォローがあるとしても、パソコン教室ではないため、
パソコンの扱い方については、自分で調べて覚えるのは常識です。

早く文字打ちできるよう、ブライングタッチの練習をするなど、
努力をすること。
基本的な使い方や操作方法など、
わからないことはまずインターネットで調べること。

なんでもかんでもアップラインに甘えることのないようにしたいものですね。


仕事道具について

在宅MLMならば、スマホでビジネスしようとするのは
甘いと思います。
同じく、iPADなどの、タブレットでもビジネスは
できないと思います(実際、やっている人を見て、あちゃー、、、と思いました、、、)

インターネットで集客をするということは、
自分がいろいろなところに自動販売機を置くようなもの。

その準備をコツコツしていくことが大事なので、
そもそもスマホでコピペするだけ、とか、ありえないです。
在宅だからといって、片手間でカンタンにできるかといえば、
それは違います。

どんなことでも結果が出るまでには、それなりに
活動しないと結果は出てきません。

パソコンは先行投資であり、
ビジネスにおいて最も重要な道具になります。


種を撒かない土をどんなに眺めていても、
芽が出てこないのと同じです。


キビシく聞こえてしまうかもしれませんが、
ラクして稼ごうと思うなら、
在宅MLMではなく、タウンワークで
仕事探したほうがいいと思います。


コミュニケーションについて

在宅MLMというと、そもそも「人に会いたくない」
とか、
「人脈がない」とか、
「人と話すのが苦手」とか、
そういう人も興味を持たれるかと思います。

私は一番大切だと感じたのは、
「コミュニケーション」でした。

コミュニケーションをしないと心は伝わりません。
たとえ最初は文字から入ったとしても、
雰囲気は感じるはず。


それから、実際に話す、声を聞く、
会う機会があれば会うなどするなかで、
お互いの信頼と絆が深くなっていきます。

参加当初は受け身かもしれませんが、
一人でも紹介者が出てきたら、
自分はアップとして、相手を導いていくコミュニケーションを
とっていきましょう。

それから在宅MLMだとしても、ニックネームで
グループ構築しているところもあるようですが、
私はニックネームというのは解せません。

なぜ、信頼関係を築いていくのに、
ニックネームなの?と、不自然さを感じてしまうのです。

インターネットの不安なところといえば、
「この人、ホントに存在しているのかな!?」って
ところではないでしょうか?


集客時はともかく、登録後は、
本名でやりとりしないと話が進みません。


なので基本的に、
クローズドで報連相などのやりとりにもかかわらず、
ニックネームでしているような在宅MLMは、
信頼していません。


相手を思いやり、そして信頼関係と
絆を深めていくコミュニケーションなくして
成功などありえないのです。


在宅MLMは、辞める人が多い

これ、ホントに多いです(爆)

というのも、「ラクそう!できそう!楽しそう!」
って、
「何もせずにお金が稼げる」と勘違いしてしまう人が
多いからでしょうか、、、?

初期費用とか、定期購入とか、登録費用とか、
ネットワークビジネスの権利収入を得るための
説明を聞くと、

「お金かかるんですか?」
とか、
「毎月そんなに払えません」
とか、
「時間がありません」
とか、
「パソコン持ってません」
とか、

しまいには、返信が来なくなり、
定期購入しなくなり、
消えていく、、、orz_


じゃあ、なんのために入ったんだい!?

甘い、、、。甘すぎる、、、。

て感じ。


もっと自分の将来を見据えて
しっかりと検討してから取り組みたいものですね、、、。



ビジネスマナーについて

在宅MLMといえども、ビジネスであり、
スキマ時間とか言っても、
人ありきのビジネスです。

そして参加したら自分は個人事業主です。

けっこう多いのが、マナーや常識のない人( ̄ー ̄;

メールの場合、
件名が書いてなくて、
しかも署名も書いていないwww

お前、誰やねん!!!

というのが非常に多いです(爆)


それが若い子だったらともかく、
60代、70代のご年輩の方でも
そうなのですから、手に負えません、、、。


メールのマナーというのは、
件名、あいさつ、本文、名前
といった構成から成り立っていますが、

その他、メールのやりとりは、

1ラリー半というのがあります。

それはどういうことかというと、


最初にメールした人

返信した人

その返信に対して
さらに返信



このように、1ラリー半で1セット、
つまり最初にメールした人で終わるという
のが常識ですよという意味です。


1ラリー半のやりとりがないと、
「あれからどうなったのかな?」と、
こちらが気を遣うことになり、
別の言い方をすれば、
「時間泥棒」にもなりかねません。


1ラリー半というのは、インターネットビジネス界全体で当てはまることであり、
社会的に(ビジネス的に)当てはまることでもあります。

ご自身のこれからのためにも、こういったことは心得ておきたいものですね。


メッセージはコチラ>>
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。