FC2ブログ

自宅サロン開業してから40代主婦が1年でしておくこと - 在宅ネットワークビジネス成功の仕組み、子育てママの賢い稼ぎ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅サロン開業してから40代主婦が1年でしておくこと

40代主婦が自宅サロン開業しながら権利収入を構築できるの?

40代主婦自宅サロン開業してから1年でしておきたいことがあります。

0d765bb205e4f1e3c64090292f784ede_s

それは、お金を蓄えておくこと。

自宅サロンを開業するまでに1年分の運転資金をためておくのが
本当は理想的なのですが、
子育て中ともなると、そうそう自由に使える予算が
少ないうえ、40代主婦といえば、なにかと生活費や教育費を
優先してしまいがち。

 

自宅サロンを開業するまでに準備金や開業資金も使うので、
蓄えたくても、集客がないことには蓄えられませんよね。

それに自宅サロンを開業したら、集客のためにチラシを作ったり、
ホームページを作ったりで広告費がかかったり、
消耗品を書い足したり、備品を調達したり、
なにかと維持費がかかります。

 

洋服代や美容代、化粧代など自分への投資も必要ですね。
40代主婦といえども自分が広告塔であるという誇りを持ちたい。

自宅サロンでお迎えしたものの、ボサボサ頭で、
上下スエットとかいうのは、避けたいものです。

では自宅サロンを開業してから、集客できるようになるまでの
タイムラグをどのように過ごせばいいのでしょう?

 

もしも周りに、同じような自宅サロンが無い場合、
「ラッキー!」と、待っていればお客様が来るとは限りません。

それなりに地道に宣伝活動していくことが求められます。

無料でできる宣伝活動でいえば、Facebookやアメブロ
などで知り合いにつながっておくのが集客力が強いですね。

ですが集客が軌道に乗るまでは、キビシイ日々が続くかもしれません。

そのとき、ついついすぐに収入が入るようなバイトやパートに
目が向いてしまいがちですが、それをしたらアウトです。(><)

 

なぜなら、確実に自宅サロンを営業する時間が少なくなるから。

自宅サロンを経営するために、他の労働をするとなったら
時間が取れなくなりますし、きちんと給料が入る労働収入の
ほうが生活しやすいため、気持ちが傾きやすくなってしまいます。

 

では、サロンの営業時間にかぶらないようにすればいいんじゃ?

 

例えば夜中の仕事とか、早朝の配達の仕事とか、、、。
そう思っている人もいるかもしれませんが、それもアウトです(爆)

 

結局、他の仕事をしてしまうと、サロンの営業はおざなりに
なりがちになり、片手間でできるほど優雅なものでもないので、
数年先には閉めていく方向を自分で作っているようなものです。

 

強い気持ちを持って、自宅サロンの運営責任者として、
地道に努力していくのが一番かと思います。

 

集客できるようになるまでには半年から1年ぐらいかかります。
その間、複数の収入源を持っていると安心ですよね。

 

かといって、労働収入に頼ると、時間が拘束されて、
自宅サロンの営業危機に陥る可能性が出てきてしまいます。

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

そんなときには権利収入型の副収入源を
作ることがオススメです。

 

権利収入型のため、時間がかかりますが、個人差があり、
構築するまでの努力次第で、うまくいけば半年~1年ぐらいで
権利収入が構築し始めます。

 

すると自宅サロンが軌道に乗ったとき、自分がほっといても
権利収入が入ってくるようになるため安心して自宅サロンの
仕事に集中することができるようになります。

 

権利収入で堅実なのがネットワークビジネスです。
ネットワークビジネスは権利収入が入るようになるまで
セミナーへ行ったり、友達を誘ったりしなければなりません。

 

私は友達がそれほど多くはないし、誘うこともしたくないし、
ネットワークビジネスが本当にキライだったのですが、
インターネットで展開する在宅ネットワークビジネスに出合ってから、
興味のある人だけが来てくれるようになりました。

 

在宅ネットワークビジネスと自宅サロンは相性がいいようで、
私のいるグループにはサロン経営している仲間たちが他にもいます。

インターネット集客のノウハウを身に付けながら権利収入を
稼ぐようになり、自宅サロンにも活用して自由な時間を楽しんでいます。

 

40代主婦が自宅サロン開業しながら権利収入を稼いだ秘密

 

 

 

 

 

1530


ここは記事下のフリースペースです
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。