FC2ブログ

40代パート主婦が地域別最低賃金で抱える悩み - 在宅ネットワークビジネス成功の仕組み、子育てママの賢い稼ぎ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40代パート主婦が地域別最低賃金で抱える悩み

40代パート主婦地域別最低賃金の時給が低いことに不満を持つ人が多いようです。

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

全国の地域別最低賃金を見てみると、県によっても違いますが、

40代でこの賃金かぁ、でもスキルもないし、ブランクが

あるからしょうがないか、と、最低賃金と時給を見て

思わずため息が出そうになるときも。

 

リビングくらしHOW研究所の、

「主婦のお仕事感についてのアンケート」によると、

40代主婦の60%以上がパート・アルバイトだそうです。

50代以下の専業主婦の約7割が「働きたい」けれども、

40代を過ぎると一気に仕事に対する気持ちが消極的になるそうです。

 

それもそのはず、40代以降になると、体力が落ちてきたり、

疲れやすくなってきたり、疲れが取れにくくなってきたり、

更年期に入ってくる世代でもあり、逆に自分の子どもたちが

20代でバリバリ働いているのを見ると、年齢の壁を感じずには

いられないなぁと、私も実感しています。

 

主婦の仕事感についてのアンケート

全国623人の主婦にお仕事感についてのアンケートのうち、

現在、仕事をしている主婦は57.3%で、

40代 &50代の6割超がパート・アルバイトということでした。

長時間働かずに、最低賃金以上の時給と条件を検討して、

主人の扶養内で働く選択が多いという感じでしょうか。

 

現在の主婦の仕事

1位 結婚や出産を機に退職し、再び働き始めた職場・仕事 40%弱

2位 3~5回の転職を経て見つけた職場・仕事 20.2%

3位 学校を卒業してずっと同じ会社で働いている 16.0%

 

やはり結婚や出産を機に退職するのが圧倒的に多いですね。

「子どもの成長を見守りたい」、「子どものそばにいてあげたい」

子育ては大切ですし、子育ての時間は、お金に換えられないほど

貴重な時間です。

子どもを通して親として成長させてもらえる時期でもありますし、

現状は、職場復帰できる法律や環境が整っていたとしても、

元の職場に戻るのが気後れしてしまうケースもあります。

人間関係で悩むぐらいなら、スパっと人生の転機に退職

するというのは、たしかに納得です。

 

 

仕事探しの際の主な情報源

1位 折込みチラシ

2位 駅置きや配布のフリーペーパー

3位 仕事探し専門 のWebサイト

主婦がパート探しといえば、新聞に入ってくるチラシを

ついチェックしますね。そして本格的に探すときは、

コンビニやスーパーに置いてある、タウンワークなどを

もらってきて、チェックするパターンです。

 

5年以内に再就職などで仕事を見つけた人の主な情報源

1位 仕事探し専門のWebサイト

2位 ハローワーク等の行政機関

3位 折込みチラシ

ブランクが5年以内の場合は、ハローワークに

相談したり、仕事探し専門のWebサイトで探すケースが

多いようですね。

仕事探し専門のWebサイトでは、期間、職種、交通、時給などの

条件を入れておくと、それに合った仕事をメールで

お知らせしてくれるサービスがあるため、積極的に探したい

ときには便利です。

 

仕事探し専門のWebサイト利用者の満足度については、

まあ満足・・・48.5%

少し不満、不満・・・39.2%。

と、意外にも主婦にとっては満足度が低いようですね。

 

仕事探し専門のWebサイトが不満の理由

1位 主婦向けの情報が少ない

2位 近くで働ける仕事が少ない

3位 希望の業種が少ない

仕事探し専門のWebサイトは全国版で展開しているサイトが

多く、年齢も職種も総合的に扱っているサイトが多いため、

主婦の希望の合うような条件の仕事は全体から見ると

少ないのかもしれません。

近場で探すなら、折り込みチラシやポスティングで

入ってくる地元密着型無料情報誌のほうが、パート募集の

情報が多いんじゃないかというのも実感しています。

 

主婦の仕事選びの優先順位

1位 家から近い

2位 家事・子育てに支障がない

3位 給料

4位 時間の自由

 

主婦が仕事を選ぶときは、子どもや家族を

優先するようになっていきます。

 

学校行事やPTA、または子どもが急に風邪をひいて

学校を休むなどのアクシデントがあったとき、

融通が効くことも条件に入れるとなると、限られていきますね。

 

主婦の主な希望職種

1位 事務系 60.2%

2位 サービス・販売系 33.1%

3位 専門職系 24.7%

専門職は、資格や経験がある人にとっては有利かも。

事務、サービス、販売は、初心者でもOKという

ところが多く、ブランク後に働くにはいいかもしれないですね。

 

再就職への主な不安要素

・子育てや家事との両立ができるかどうか

・この年齢でまわりについていけるか

・条件に合う仕事があるか

・人間関係がうまくやっていけるだろうか

 

不安要素はいろいろあります。

ブランクがありながら、自分の希望もありますし、

仕事は友達と行くわけではなく、自分自身の選択です。

ひとりで面接に行き、職場の流れに合わせつつ、

仕事に支障ないように働いていかないといけないので、

ドキドキ不安にもなるでしょう。

参考:リビングくらしHOW研究所

 

40代主婦が手に入れたいもの

40代主婦が手に入れたいものは、

・お金

・時間

・健康

が主に欲しいですよね。さらに

・人間関係

がうまくいけば、いうことなしです。

 

もしも、「お金」「時間」「健康」「良好な人間関係」が、

同時に得られる仕事があったらいいなと思いませんか?

 

実は、同時に得られる仕事というのは、

ネットワークビジネス以外にはありません。

 

私は最低賃金という考え方に捉われずに安心して稼げる

ネットワークビジネスに巡り会い、時間はかかりますが、

この4つを同時に手に入れて、ワクワクした40代を過ごしています。

 

40代主婦がインターネットで収入源を構築した方法

 

 

 

2260

ここは記事下のフリースペースです
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。