FC2ブログ

STAP細胞はips細胞を越える?第三の万能細胞で若返りが実現!? - 在宅ネットワークビジネス成功の仕組み、子育てママの賢い稼ぎ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞はips細胞を越える?第三の万能細胞で若返りが実現!?

勧誘がうまくいかないと悩む前に


STAP(スタップ)細胞という、ips細胞を越える第三の万能細胞が発表されました!

ips細胞を研究した京都大の山中伸弥教授は、STAP細胞について、
「重要な研究成果が日本人研究者によって発信されたことを誇りに思う。」と、
コメントされています。

STAP細胞は、体のいろいろな細胞になる前の細胞で、第三の万能細胞と
言われます。がんの抑制もされると期待されていますが、ips細胞にできなくて、
STAP細胞にできること、それは、胎盤の細胞にもなるということです!
0-63.jpg
STAP細胞は、細胞分裂をし、神経細胞、筋肉細胞、
腸管上皮細胞になったり、さらに胎盤になる能力もありました。

STAP細胞は、これからの化粧品業界にも革命を起こすかもしれません!

化粧品の高級素材でもある、プラセンタ(胎盤)は、豊富なアミノ酸を含んで
美容にいいのですが、胎盤は、出産時にしか手に入らないということもあり、
たとえ牛や馬の胎盤であっても大量生産できるものではありません。

そのため非常に高価な素材として化粧品業界でも扱われています。
STAP細胞の研究が進んでいけば、もしかしたら、将来、
STAP細胞で作られたヒトプラセンタ製品が実用化されるかも!

「若返り」「アンチエイジング」「美魔女」多くの名言が
飛び交うほど、人は若いことに夢を抱き、理想を描きます。

実験では、オレンジジュースと同程度の強さの酸性で体温に近い
37度の溶液が入った試験管に、マウスのリンパ球などの体細胞を
入れ、30分間にわたり 刺激を加え、そのうち75%の細胞は死滅、
生き残った25%の細胞のうち、30%が万能細胞になりました。

外からの刺激で多能性を獲得することから
「刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)」と名付けられました。

研究者の小保方(おぼかた)晴子氏を中心とする、
理科学研究所発生・再生科学総合センター(神戸市)と
米ハーバード大などの国際研究チームでの研究のなか、

リーダーの小保方晴子氏は、こうコメントしています。
「誰も信じてくれなかったことが何よりも大変だった。」
「何度もやめようと思ったけれど、あと1日だけ頑張ろうと続けてきた。」

STAP細胞の研究には、5年の歳月がかかったといいます。
周りからは、mkノー(注1)ばかり。

「ありえない」とどれだけ言われて悔し涙を流しても、
小保方晴子氏は、研究を続けたのだそうです。
(注1)mkノー(Yahoo検索キーワード1位.1/30付)とは、上司たちが
「見たこともない」「聞いたこともない」と、難色を示す言葉のこと。


30日付の英科学誌「ネイチャー」には、巻頭論文として掲載されました。

ES細胞(胚性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)を
越える、質の高い細胞です。

STAP細胞は、なんと細胞を酸性の液に一時的に漬けるだけ。
染色体に異常は見られず、体内でもガン化の可能性も低いとのこと。

なぜ、第三の万能細胞と言われているのでしょうか?
ここで、STAP細胞IPS細胞の違いを見てみましょう。

 STAP細胞 ips細胞
作り方酸性の液に浸す遺伝子を入れる
能力胎盤も含め、あらゆる細胞になる可能性神経や筋肉などほとんどの細胞になるが、胎盤はできない
課題人の細胞ではまだできていないがんになる恐れ
培養期間 最短2日間2~3週間


STAP細胞の注目すべき点は、「ストレスによって若返った」つまり、
ストレス=酸性溶液、若返る=細胞が未熟な状態に戻る、という点です。
多少のストレスは、若返りに必要なんですね。

STAP細胞の研究がヒトにも成功したら、本当に、
細胞レベルで若返りができるかもしれません!

ネットワークビジネス業界でも、注目の素材になりそうですね。


【朗報!】豊かさと自由な時間を手に入れる!MLM成功メールセミナー
ここは記事下のフリースペースです
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。