FC2ブログ

確定申告は副業の義務? ビジネスの達人も知らない節税の秘密 - 在宅ネットワークビジネス成功の仕組み、子育てママの賢い稼ぎ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告は副業の義務? ビジネスの達人も知らない節税の秘密

今年も確定申告の時期が近付いて来ましたね。
税金の還付申告者は年に1200万人以上だそうです。
税務署もてんやわんやですね。

確定申告は、副業をしている人もしなければならないのでしょうか?
そもそも、副業って、キチンと定義があるの?

366確定申告

副業」とは、本業以外で収入に携わる仕事のことを言い、
サイドビジネス、兼業とも言われます。
就業形態と、収入形態により、分けられます。


【就業形態】
  • アルバイト(常用)
  • 日雇い派遣
  • 在宅ビジネス
  • 内職など

【収入形態】
  • 給料収入
  • 事業収入
  • 雑収入


副業」という用語は、一般的にはよく用いられていますが、
税法では「副業」という所得区分は無いんですね。


ここでは、副業のまま進めるとして(笑)、
副業確定申告をする・しないの分かれ目はどこでしょう?

売上-各種経費=利益

まず、この計算から利益を計上しましょう。


個人事業者の場合の申告義務は、利益が38万円以上あること。

サラリーマンが会社で年末調整をしてもらっている場合の申告義務は、
副業(事業)の利益が20万円以上あることが条件になります。


そこで!なんとか20万未満にして、節税できないかと思考錯誤
したくなるのが人間というもの。なんせ、生活かかってますから。

実は、節税というのは、税法で認められています。
節税とは、法律規定に基づき、合法的に税金を圧縮することで、
国民の権利ですので、胸を張って、是非活用しましょう。

しかし!ここで一歩間違えると脱税になります。
自分でも気付かないうちに、脱税していた、ということにも
なりかねませんので、気を付けましょう。

節税と脱税の決定的な違いは、
「税法の要件に抵触しているかどうか」です。

例えば、「これは、■■■したことにしておこう」と、
いうように、実際とは違うことを隠蔽したり、仮装したり
すると、故意の扱いになり、本税の他、重加算税という
ペナルティが課せられる可能性があります。

日本国憲法30条で、「納税」は、国民の3大義務と規定されています。
事業をして、利益が出たら税金を払いましょう。

正しいことをすると、正しいことが巡ってきます。
どうせ同じ払うなら、気持ちよく払いたいものです。

【期間限定】サラリーマンがスキマ時間で副収入を得るコツ





ここは記事下のフリースペースです
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。