FC2ブログ

特定商取引法の違反行為による勧誘が絶えない!驚愕の実態とは - 在宅ネットワークビジネス成功の仕組み、子育てママの賢い稼ぎ方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定商取引法の違反行為による勧誘が絶えない!驚愕の実態とは

特定商取引法違反行為をして、業務停止命令の出る会社が
後を絶ちません。

一部のディストリビューターによって、会社の目が届かない
ところで、特定商取引法違反した勧誘が行われ、
会社が業務停止命令の処分を受け、大きな損益になっています。

もちろん会社側は、特定商取引法違反行為など教えません。

043ビジネス_convert_20140406220954

なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?
はたして、ネットワークビジネスは健全化していくのでしょうか?


主な特定商取引法違反行為

(1)勧誘目的の不明示
(2)再勧誘
(3)契約書面不交付及び不備書面交付
(4)不実告知
(5)威迫困惑
(6)迷惑勧誘
(7)適合性原則違反


ビジネスの契約を交わすときには「概要書面」を
渡すことが法律で決まっています。

ところが、概要書面を渡すことなくビジネスの流れを
こちらで勝手に決めて始めさせてしまったり、

いい加減なことを言って、本題とかけ離れていって
しまい、ビジネスについての説明が強引になり、

高額のスタートキットを本人が了承していないのに、
購入させてしまい、後になって、
トラブルになることが多いようです。

他に、「先に伝えると、引っ込まれてしまう」、
といった不安から、何も述べずに、後から、
伝えてしまうパターンが多いようです。

それは「後からマルチ」というのですが、2014年4月から
特定商取引法の改正を検討すると、㈱全国直販流通協会が
発表しました。


口コミならば、対面ならば、そんなことをしたら、
信頼を失うのは当然の成り行きであることは想像に容易いでしょう。


それに、特定商取引法違反した行為をされたら、
紹介された人が、どんな気持ちになるのか、
はたして考えているのでしょうか?

違法行為には、相手を幸せにしたい気持ちがあるのでしょうか?

違法行為だとわかっていながらの勧誘で、
自信を持って、自分の会社の製品を薦めることができるのでしょうか?

そうやって、言い訳のオンパレードで、ノルマのためだとか、
上から言われたから、とか、自分も在庫を抱えさせられたから、
などなど、自己主義から起こった行動ではないのでしょうか?


もしくは、世間のネットワークビジネスに対する悪いイメージが
定着していて、そうでもしないと勧誘ができず、
口コミに悪戦苦闘しているディストリビューターの
嘆きなのでしょうか。


それにしても、特定商取引法違反行為をすればするほど、
せっかくの合法に守られたネットワークビジネスを
やりにくい環境に追い込められるんじゃないかと
思うと、早くその行為に気付いて、やめるよう願っています。


私は、興味のある人だけを集めることができるこの方法が、
とっても気に入っています。


期間限定!子育て主婦が、知らない人へ、楽しく集客できたコツ



ここは記事下のフリースペースです
オーネット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。